インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

育児や仕事で忙しい毎日。放っておくと少しずつ悪くなるむし歯や歯周病を、しっかりと治療しませんか?

同じ口の中でも患者さまの年齢や治療歴、生活習慣などによって適した治療は異なります。患者さまにはそれぞれのご希望があるほか、むし歯・歯周病リスクも人によって様々だからです。

例えば治療のご希望に関しては、どんな状態でも1回で終わらせてほしいという方がいらっしゃる一方で、全て自由診療でゆっくり時間をかけてほしいという方もいらっしゃいます。当院では治療方法を一方的にご提案するのではなく、患者さまのご希望の治療方法をできる範囲で採用しています。まずは、遠慮なくご希望をお聞かせいただければと思います。

この仕事を目指したきっかけは何ですか?

私が中学生の頃、母が歯科医院の受付として働いていまして、仕事の様子などをよく聞いていました。また、ケガで前歯を折ったときに、治療に通った歯科医院が丁寧に診てくれて、「歯科医師っていいな」とも思いました。その後、大学受験で志望校を選ぶ際に、歯科医師を目指してみようと思い、歯学部を志望しました。

このお仕事のやり甲斐を教えてください。

自分が頑張ってしたことが、直接評価につながるのがやり甲斐になっています。「ありがとうございました」という言葉を直接いただける仕事は、この世の中にそんなに多くはないのではないでしょうか。

先生が学生の頃に特に勉強した科目は何ですか?

大学ではかぶせ物、入れ歯などの補綴系について、比較的よく学びました。補綴学には色々なルールがありますので、それらを踏まえて患者さまのむし歯治療や入れ歯治療を行っています。
大学での歯学の勉強は難しかったですが、面白いものでした。手先を使わなければいけない点などが、自分に合っていると感じました。

治療に対するこだわりを教えてください。

初診時は受診のきっかけとなった歯の痛みなどを治療し、それが終わったらじっくりと他の部分のむし歯や歯周病の治療をしていくことです。患者さまに治療に関するご希望やそれまでの治療歴をお尋ねし、患者さまのご希望と診断結果に適した治療計画を考えます。

スタッフの皆さまの良いところを教えてください。

スタッフは皆明るく、一生懸命働いてくれています。私と患者さんとのコミュニケーションが不足していると感じると、そこを補うように対応をしてくれています。いつもは優しいですが、患者さんのためには、時には厳しくは指導をおこなってくれる、頼りがいのあるスタッフです。