診療案内

むし歯診療

むし歯を削る際は、可能な限り天然の歯を削らないことを心がけています。天然歯を削ってしまうと、歯質の強度が下がるほか、再発した際にさらに大きく削る必要が出てきてしまうからです。将来的に良い状態が長く保てるよう、歯を残すことを大切にしています。

もっと見る

むし歯治療を行う際は、う蝕検知液を使っています。これは、むし歯になった部分を染める薬液です。この薬液を歯に塗り、水洗すると、むし歯部分に色がつき、どこがむし歯か分かるようになります。色の付いたむし歯部分を削れば良いため、不必要に健康な歯質を削ることを防げます。 また、歯に詰める材料にこだわったり、根管治療を丁寧に行ったりと、治療後の良い状態を長持ちさせる工夫もしています。「治療をすること」がゴールではなく、その先の「継続的なお口の健康」をゴールだと考えています。

予防歯科

歯科では一般的に、3ヶ月に一度検診メンテナンスを受けることを推奨しています。その目的は、むし歯や歯周病を初期のうちに発見し、治療や予防をすることです。特に歯周病病原菌の温床となる歯石は歯ブラシでは除去できないため、歯科衛生士による歯石除去が必要です。

もっと見る

ここは当院では、担当の歯科衛生士が長い期間にわたって患者さまと関係構築をしながら予防処置を行う、「二人三脚予防歯科」をご提供しています。患者さまのことを知り尽くした歯科衛生士であれば、突然発生したむし歯によって、生活環境の変化を察知したり、歯肉炎の発症により、ケアがおろそかになっていることを発見したりすることも難しくありません。そのような関係性が、患者さま一人ひとりに適した治療をご提供するためには大切です。
歯周病の治療としては、基本的にスケーリングと呼ばれる歯石除去を行います。歯周組織の炎症が進んでいる場合は、歯の根の汚れを落とすルートプレーニングを施します。

美容診療

目立つ銀歯にお悩みの方には、白い陶材でできたセラミックのかぶせ物・詰め物をおすすめしています。セラミックのかぶせ物には白いだけでなく、表面に汚れが付きにくく、むし歯の再発が起きにくいというメリットもあるからです。

もっと見る

セラミックには、いくつかの種類があり、それぞれに特性があります。例えばジルコニアセラミックは、人工ダイヤモンドとしても知られる「ジルコニア」を使用しているため、耐久性に優れており、噛む力が強い奥歯に適している素材です。ハイブリッドセラミックは、レジンにセラミックなどを混ぜたものです。天然歯と同じように摩耗していくため、噛み合った歯を傷つけにくいという特長があります。当院はこのような素材を使い、美しさと機能性を併せ持った治療を行っています。

矯正治療

当院の矯正治療は院長が担当しています。お口の環境を良くするための治療のひとつとして、同じ歯科医師から治療を受けることができるため、矯正のために他院に移る必要がありません。また、矯正治療後もそのまま予防やそのほかの治療を同じ院長が担当します。

もっと見る

矯正を行うことで、噛み合わせが良くなるほか、虫歯になりにくくなったり、将来的に歯を保ちやすくなったりします。噛み合わせが悪いと、一カ所に力がかかりすぎて歯が欠けてしまうなどの症状も発生するため、これを改善することで歯が保ちやすくなるからです。
また、成長段階のお子さまの矯正治療は、顎の成長を利用することができ、歯が動きやすいというメリットがあります。大人になってから矯正をする際の、抜歯の可能性を少なくできるという点も特長です。
歯並びにお悩みの方、お子さまの噛み合わせ・歯並びに不安をお持ちの親御さまは、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯・インプラント

歯を失ったままにしていると、残っている歯が傾くなどし、ますます物が噛みにくい状態になってしまいます。また、顎の骨が痩せるなどしてインプラント治療ができない状態になったり、入れ歯治療をしたとしても合わなかったりすることが予想されます。

もっと見る

失った歯の治療をする場合は、一般的に入れ歯治療が第一選択となります。入れ歯は幅広い症状に適応が可能で、インプラントと比べて費用も低いというメリットがあります。自由診療の入れ歯もあるため、より患者さまのお口に合った入れ歯をつくることも可能です。
インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め、その上に人工歯を装着する治療方法です。自由診療ですので、費用は保険適用の入れ歯よりも高くなりますが、天然の歯に近い噛み心地や自然な見た目が得られます。また、顎に埋め込む治療法のため、残っているほかの歯に負担をかけることもありません。
お口の中を診断し、症状に合った治療方法をご提案します。歯を失ってお困りの方は、一度当院までお越しください。